【7月5日(木)タウンプラスに苦情】
2018 07/05 22:06

 

≪7/5(木)≫


04:50にアラームで起き、茶・白・黒の猫にエサを出した。

朝食は、好評のバナナとカレーライスとレバー。

小雨、燃えないゴミ(扇風機の残骸)の袋をかついでいるので、いつものように走れない。

それでも、いつもの電車に間に合った。それなり混む電車。
▼▼▼▼▼
業務──

二人が休暇。

それだけで大変になるのだから、職場に問題ありか?

効率よく、要領よく、こなすしかないだろう。

夕方の残業は、荷物の到着が早くて、助かった。
しかも、べテランのスタッフだから何の心配もない。
▼▼▼▼▼
18:50、電車に乗った。

町内会の定例会は19:00だが、家で食事する余裕が欲しくて、気ぜわしい帰宅だった。

帰宅すると、郵便受けにダイレクトメール。
携帯電話の基地局の新設工事があるから、テレビが受信不良になってもガタガタ言うなという内容だ。わかりきっているから開封なんかしない。
開局(7月19日)までにもう一回届くのがパターンで、鬱陶しいことこの上ない。

フリーダイヤルで抗議すると、外部委託コールセンターのフジタという女が、タウンプラスだから、郵便局に通知すれば配達しなくなるというが、
前回は、差出人が苦情受付だったが、半年もたってほとぼりが冷めたらまた届いたぞ。今回は第三者である郵便局に通知して、徹底されるのか?と突っ込んでやったが、フジタの答えは曖昧だった。
所詮、コールセンターだ。

封筒にレポート用紙の通知文(タウンプラス全面配達禁止)を貼ってポストに返送した。

タウンプラス――郵便局が引受けるダイレクトメールだ。
ハタ迷惑なサービスを始めたものだ。

猫3匹にエサを出し、パンを2枚食べてから、定例会に出席した。

議題は、空き家問題、特殊詐欺問題。
どちらも根っこは高齢化社会だ。

市役所の対応が遅いと担当役員は嘆く。
長崎で地震が起きたら、倒れるブロック塀ではなく、崩壊した空き家で死者が出るだろう。

30分で閉会。
再びの帰宅後、野菜ちゃんぽんを作って食べた。

ビデオは見ず、
本を一冊読了した。
――――――――――
歩数計7391
室温25.8
――――――――――



[]

←BACK

MyPage

Powered By MOBALOG