【10月7日(日)母の忘れ物】
2018 10/07 23:42

 

≪10/7(日)≫


3:00に起きたが、寝直した。
4:50、侵入を試みる白猫を強制排除してエサ出し。
5:00、長崎くんちの開始を告げる花火と「魔法のラジオ」を聞く。

朝食は、カレーライス(ご飯はこれでsold out)。魚肉ソーセージ。

6:00に洗濯。布団も干した。
同時進行で「寄宿学校のジュリエット(録画)」と「ゲゲゲの鬼太郎」を視た。
▼▼▼▼▼
9:10、買い物ドライブ。
カレールーとブルーベリージャムが安かった。玉子も買ったが、最近余らせ気味のもやしは買わなかった。

帰着した駐車場で、腕時計が無いことに気づいた。

最初から腕につけずに、家を出たのでは?

いや、家の中には無い。母の形見だから、いい加減な場所には置かない──間違いなく、無い。

広報誌を家々に配りながら、通ってきた道を確認した。
やっぱり無い。

ダメモトで電話で照会すると、2軒目のスーパーにあるという。
──落としてた。
安心すると同時に自信喪失した。情けなさすぎる。

もちろん、すぐに車で取りに行った。
そのスーパーは、かつて母が財布をサッカー台(カゴからマイバッグに入れ替える台)に置き忘れたが、当たり前のようにレジに届けられていたという、善意のパワースポットである。
まったく、親子で同じようなことを……。

お礼に、いつも立ち寄っている地蔵尊にお賽銭をあげた。
母の時もそうした。

帰宅後、いつもと違ってラーメンを作らず、焼きそばにカレーを加えて食べた。
出たとこ勝負の献立である。

14時まで休憩し、ピアニカ・ライブ(ゲリラ)決行を決め、電車に乗った。

さすがに[おくんち]、電車は混みあった

ライブ現場の公園では蚊にやられた。
久しぶりだし、レアな曲ばかり選ぶから、ミスタッチが多かった。

16:00に公民館の図書室で5冊借りてから電車に乗り、
降りてからは、高校の図書室で2冊借りた。
携帯ラジオで聞く「青山ニ丁目劇場」は救われないストーリーだった。

夕食は、クリームパン2個。
ほんとに2個だけで満腹だった。

バラバラに来た白猫と黒猫にバラバラにエサを出した。

19時〜20時、駅前で夜景ガイドをした。
──────────
歩数計-電池切れ
室温23.9
レシート974+2294
──────────



[]

←BACK

MyPage

Powered By MOBALOG